クレニオセイクラル・セラピー【頭蓋仙骨療法】(手技による治療)

頭をソフトに触れる治療です。

疲労やストレスなどにより生じた脳を包む膜の異常を改善し、脳を活性化し、体調を整えていきます。

私たちは日常の生活や仕事などにより、脳内にさまざまなストレスを受けています。

クレニオ・セイクラル・セラピーは、脳の機能低下を改善し、脳を活性化していく優れた治療法です。

 


原因

・過度のストレス,蓄積疲労、生活習慣の乱れ



身体の変化

・頭蓋骨の生理的動きの低下、または消失、脳脊髄液のリズムの乱れ



現れる症状

・自律神経の失調、不眠、いらいら、頭痛、目の奥の痛み、頑固な疲労、原因不明の痛み、
 異常な筋緊張など


脳脊髄液とは

脳脊髄液は脳を満たし、保護と栄養の役目を担っている液体です。

これは脳にある脈絡叢で作られ、静脈洞から吸収されています。

 

硬膜とは

脳と脊髄を覆う連続した膜です。

この硬膜は外側で頭蓋骨や背骨と接していす。

 

治療

・クレニオ・セイクラル・セラピー(頭蓋仙骨治療)



体の変化

・頭蓋骨に生理的動きをつける

・硬膜の緊張を取る

・脳脊髄液のリズムを整える



治療後

・症状の消失

・自然治癒力の向上


頭蓋骨は動いている

「頭の骨が動く」というと意外に思われるかもしれません。でも、頭蓋骨はしっかりと動いているのです。

まず、頭の構造を思い浮かべてください。頭蓋骨、その内側に硬膜、さらに内側に脳脊髄液に満たされた脳が
存在します。

脳脊髄液は硬膜という閉鎖された空間に存在し、一定の速度で生産され、ある量になると吸収され始めます。
生産中、頭蓋骨は膨らんできます。(屈曲位と表現します)
しばらくすると髄液を吸収するスイッチが入り、膨らんだ頭蓋骨は次第に萎んでいくのです。(伸展位と表現します)

このように、頭の骨はあたかも呼吸しているかのように膨張・収縮を繰り返しているのです。

この膨張・収縮の速さは,毎分6~12回。運動や精神的興奮などで速度が変化することはありません。

 

 

実際の治療

骨の動きの制限をとり、硬膜の緊張している部分にアプローチしてその緊張を取っていきます。

患者様は仰向けに寝ているだけです。治療は頭を中心に軽く触れていくだけで、とても優しく心地よい
治療です。

治療中はからだが芯からほぐれ、全身の緊張が取れていくのが実感できます。