トリガーポイント療法(鍼による治療)

筋肉のコリが引き起こす痛み(筋・筋膜性疼痛)に効果を発揮します。

トリガーポイントは筋肉のコリに形成された痛みの引き金。
初めは押すと痛い、筋肉を動かすと痛い程度が、だんだんと何もしなくても痛いという状態になってきます。

 

トリガーポイントの特徴としてコリができているところから離れた場所に痛みが現れます。1点にできたトリガーポイントが原因で、飛び地のように離れた場所に痛みが出現する。これを関連通といいます。この関連痛は脳の誤認によって表れる現象だと考えられていますが、詳細はわかっておりません。



坐骨神経痛様の症状なども、臀部にできたトリガーポイントによって、足まで及ぶ痛みが引き起こされることがあります。

 

防御姿勢、関連痛の出ている部位、痛みを引起す動作等から解剖学的に筋肉を特定し、トリガーポイントを探り当て鍼をしていきます。適格にトリガーポイントの治療を行えば、割と早い段階で疼痛が軽減していきます。