経絡治療(鍼、灸による治療)


経絡(気の通り道)を治療することにより,生体の各機能のアンバランスを調整し、免疫力を高める治療法です。 

人間の体は目に見える肉体と目に見えない肉体とで構成されています。その目に見えない肉体を構成しているのが、東洋医学で言われている「気」とよばれるものです。
問診や触診、脈診などによって異常をきたしている経絡(多くの気が流れている道)を特定し、治療をしていきます。

  • 五臓六腑

東洋医学では、体のいろんな機能は五臓六腑を中心とした各組織器官からできているという考え方があります。

五臓とは、肝、心、脾、肺、腎のことで、生きていくためのエネルギーの生成、運用、貯蔵を行っています。

 


六腑とは、胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦のことで、飲食物を消化吸収、排泄し、臓の働きを補助します。

これら五臓六腑は、表裏関係をなして密接な機能的関連を持ち、体の生理機能を維持しています。

すなわち東洋医学でいう五臓六腑とは、西洋医学でいうところのひとつの器官を指すのではなく、体の各機能を臓腑の働きに振り分けたものと考えてください。

 

 

  • 経絡

経絡とは全身にエネルギー(気・血・津液)を供給する通路であり、また全身の機能を正常に維持する調整系でもあります。

体内では臓腑と結びつき、臓腑・経絡系として機能し、外部で体表に分布しています。
そして内臓と体表を結びつけ経絡としての役割もあります。

 


肺経

呼吸器系に関係する症状を主として治療します。風邪の初期にこの経絡を使って治療を行います。

 

脾経

胃腸症状、腹部膨満感、下痢気味、月経異常などの症状を治療します。

胃腸機能低下の治療や体力をつけるためによく使用される経絡です。消化吸収の機能を支配しています。
また、女性の生理に関する経絡でもあります。生理痛、不妊治療、逆子で有名な「三陰交」は脾経のツボです。

 

心・心包系

主として心臓疾患あるいは循環器症状を治療します。また、悪心、嘔吐、不眠、胸部不安感などの精神的愁訴の治療にも効果があります。つわり、精神的な落ち込み、パニック症状の改善にこの経絡のツボを使います。 

 

肝経

頭痛、めまい、筋の痙攣、目の症状、イライラ、怒りっぽいなどの症状を治療します。
また、女性の生理と深く関係し、さまざまな婦人科的症状の治療にも応用されています。

 

腎経

生殖・泌尿器の症状や慢性腰痛、めまい、耳鳴りなど老化に伴う症状の治療をします。

腎の臓器は親から受け継いだ生命エネルギーを宿しているところです。したがって年と共に起こってくるさまざまな症状や体力低下の回復の治療に使用します。
また、腎の臓は生殖や泌尿器症状の治療に使用します。とくに女性の生理や子宮の機能と密接な関係のあり、不妊治療の際には通常より強化していかなくてはならない経絡です。
不妊治療の際は、通常より腎経の機能をより強くしていきます。 

  • 経絡の治療作用

それぞれの経絡は固有な通路と働きを持っています。もし、経絡あるいは経絡が属する臓腑に異常が発生すると種々の症状が現れます。また、どのような症状が現れるかによって逆にどの経絡あるいは臓腑に異常が起こっているかを診断することもできます。

 

  • ツボ(経穴)

実際に人の体でツボを取る場合、反応を大事にします。どんなに教科書通りの場所を正確にとっても、いわゆる「生きたツボ」でなければ治療効果は半減します。長年の臨床で、反応のあるところは指先の感覚でとらえることができます。

いかに「生きたツボ」を取穴できるかは治療効果を大きく左右します。